2013年12月24日

直線の速さはの続き

そういえば、RS-540shは慣らしをした方が回る説と
買ってポン付け状態が一番回る説がありまして、
実績を残してるのはポン付け派だったり。
ポヨメタは慣らしをする派なのですが、あの特殊形状のブラシを慣らすのは手間かかるし
ブラシのあたりが良くなって来た時にはブラシのバネのテンションは落ちてるはずなので
ポン付け派が正しいのかなと・・・当たり外れだけの問題で手間かけてもしょうがないモーター
といえば、まぁそうなんでしょうが・・・。ライトチューンも当たり外れの運だけってしばらく前に
そう判断しました。当たり出るまで買うしかないと・・・ハズレに手間をかけてもハズレなのですよ。
ただしライトチューンは慣らししてみるまで当たりかハズレか判断つきませんが・・・。
TTカップの回転制限はポヨメタがいくつか買ったモータを慣らしてから計測した結果を元に
上限回転数を設定しました。

では、アンプについてですが、
TTカップを企画した時は、余ってるアンプで出れればいいんじゃないか?レベルだったのですが
回が進むにつれて、TRCで、540モーターをハイエンドアンプでどう設定するか?て
試行錯誤が進みまして、周波数が設定できるアンプが有利になってると思います。
VFS1系とかMC850とかMC851(多分MC851が最強)です。
直線の速さはアンプで変わっちゃうんですよね。動画でも判るくらいに。
無論モーターとバッテリーしだいって面もありますが・・。
TRCのバックストレートで設定すべき周波数はというと7K~9Kくらいだと判断されてます。
それくらいでちょうどバックストレートでスピードがのびきるようです。
VFS1系は上から下までスロットルの開度に合わせて全部設定してやらなければ駄目な
アンプですが、設定が当たれば、それなりに速いですね。設定をハズスと糞ですがw。
MC850、MC851は下限と上限を決めうちして、後は自動で設定なので非常によく出来てると思います。
某グランプリイン神戸などで、VFS系、MC850系を使う場合、
上限周波数は3K~4Kあたりだと思うんですが(直線の長さで判断します)
VFS系ユーザーでその辺を理解されてる方は少ないみたいです。
メーカーも説明する気ないみたいですけど。
誰々プログラムとか正直使えないと・・・。
ポヨメタ、某グランプリに出るつもりの某グランプリ初心者の人によく言います
「フラッシュかエクストレイにしとけ、VFS1持って行っても設定ハズスだけだよ」って
フラッシュやエクストレイはどうも3~4Kあたりで周波数が設定されていたような事をどこかで読んだ
記憶が・・・某グランプリを意識して設定したんでしょうね。多分。

TTカップ運営的にはハイエンドアンプが勝ちまくると、何か規制を入れたくなりますね。w
周波数規制とかバックストレートに凶悪なシケイン作ってみるとかが有効な規制方法だと思います。

続く(次はキャパシタの話かな)



posted by ぽよぽよめたぼ at 02:01| 兵庫 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

直線の速さは金で買え

と、言われますが、ポヨメタはその事を否定はしません。
「今日のバッテリーダメだったよね」とか「モーター回らなかったな」とか
いい結果が出なかった時の言い訳になったり、
じゃぁ新品買おうかと言う理由づけになったりで、
ラジコンレースには必要な物かなと。売れればお店も繁盛ですし。
お店とサーキットという装置があってこそ、レースも開催できるので・・・。

TTカップではモーターに関しては回転制限かけました。
今では聞きませんが、旧世代の540shで20000回転以上回る超当たり個体があったというか
見たことありますからね。あれはレースが成立しないので・・・。

バッテリーですが1600spは個体差が結構激しいようです。
2400ZAPを上回る性能を持った個体が出るとかあるそうです。
ダメな個体は全くダメとか、良いのが当たるまで買うしかないでしょうね。
いい個体が当たっても充電器が良くないと宝の持ち腐れに・・・。
バッテリーにお金掛かるのは電動の宿命でしょう。
籤引きを引く感覚でバッテリーを買うのも楽しみの一つではないかと・・・

続く (長くなりそうなので連休中にもう一回アンプについて書く予定)


posted by ぽよぽよめたぼ at 02:43| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

ポヨメタさんはTTカップに出ないんですか?という

お声は何度も頂いておりましたが、
ルールを管理している立場の者としては
やはり参加者の皆様にポヨメタが自分に有利なルールを
作ってるみたいな疑念を抱いていただくのは良くないので、
ポヨメタは参加しませんでした。今後復帰できたとしても、運営とか裏方に徹しようかと。。。
ちょっと難しい治療してますので復帰出来ても来年春以降になる予定です。

ポヨメタが出ない代わり、共同主催のまさ住設のBOWさんと
協力して意見をいただける方達に参加してもらって、
「今日のレースはどうだったか?」とかリサーチはしてました。
リサーチ結果を元に予選方式の変更など、ポヨメタなりに参加者の方が飽きないようなレース運営を
行えたとは思ってるんですが。。。どんなもんでしょ?参加者の皆さんが楽しんで貰えてたら幸いですが・・・。
レースって参加してる人が「少しでも勝てるかも(何に勝つとかは各チームそれぞれですが)」とか思えないと
楽しく無いよねがポヨメタの基本理念です。わざわざ負け戦しに行く奴はいないですよね。

それではでは。(次は直線の速さは金で買えについてかな・・・あんまりエグい話にならなきゃいいんですが)
posted by ぽよぽよめたぼ at 22:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

タイヤの指定

え~、なにやら小耳に挟んだというか、
T店長様、TT-CUPを開催されるなら、どうぞやっちゃってくださいという感じですので
よろしくです。

では、タイヤですが、ミディアムナローレーシングスリックだったのかというと
「お店に在庫があった、ソコソコ喰うけどソコソコなタイヤ、1組激安ホイールとで1300円以内で買える」
みたいなのが指定理由だったと記憶してるんですが・・・
お店に在庫がなければミディアムナローレーシングラジアルが最適だったと思います。あの時は。
今後は来年のタミチャレなどの動向を見ながら指定タイヤを変更するのを考えた方がいいのかもしれないですね。そろそろ来年のタミチャレのレギュとか発表の頃だとは思うんですが・・・

ソコソコ喰うタイヤは重要でした。ソコソコって言うのはソコソコ滑ることでもあります。
運営からすると実に理想的。最後まで結果がわからない方がねぇ・・。
あと接着がファイバーモールド系に比べると慣れてない人でも比較的簡単、
接着した後、FM系に比べ、はがれにくく、ライフも4日くらいTRCで遊ぶ事が出来るくらい持ちます。
1組で予選から決勝まで十分持ちますが、勝ちたい人は予選1組、決勝1組で2組用意されるのがベターでしょう。ベストは全予選ニュータイヤ投入wなんでしょうけど・・そこまでは「よー言わんわ」です。
このタイヤの美味しい部分は皮むき直後の一瞬みたいです。

値段も気にしました。企画時はなにせ不況で「(他の競技用タイヤに比べて)喰わないタイヤを買ってもらわなければならない」のは、だいぶ悩みましたが、ソコソコのタイヤでなければレースというかゲームが成立しないので、あのタイヤを指定したのは覚えています。
不況つーのはエントリー費にも出てまして、700円って言う中途半端な値段になってるのも
当時の世相の名残みたいな・・・。そうそう700円+1300円で出費2000円以内で出場できるみたいなのを目指してた記憶が・・・戻ってきたような・・・・。

では、続く(次はポヨメタが絶対に参加者側に回らなかった理由とかですかね~)
posted by ぽよぽよめたぼ at 22:33| 兵庫 ☀| Comment(6) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

TRF系ダンパーの解禁の思い出

細々とアクセスしていただけてるみたいなので、
まぁ記憶に残ってる事をちょこちょこ書いていこうかなと・・・。

TT-01の車体価格と値段が変わらないようなダンパーを解禁するのは
結構悩みました。とにかく当時は景気が最悪で、コスト負担させてしまう事は避けたかったデスネ。
参加者様たちに・・・。

テストをやってて「まぁ、皆でCVAなら良いんじゃね。初心者の人も買いやすいだろうし」
って感じだったんですがね~。だがしかしオイルシールが注文かけなきゃ入ってこないみたいな感じに
なってたんですよね、世の中が・・・お店に緑のオイルシール在庫しておいてって言うのも
心苦しいというか、CVAダンパーあんま売れないよね。良いダンパーなんですけどね。
皆TRFダンパー持っててCVAの需要が無かったのかもですね。
まぁポヨメタも若かったら「CVAウンコ、TRFが良い」とか言ってたでしょうね~。
参加者の立場なら・・・w

ポヨメタが貸し出してるレンタカーはTRF解禁後、シリンダーはCVAスーパーミニ、
その他の部品はTRF系の部品に置き換わりました。

あ、ちなみに、TRFダンパーでもCVA改でも速さはさほど変わりません。w
CVAでもベストラップはTTーCUPのレギュではあまり変わらないでしょう。
ダンパーの中に入れるオイルとか、穴数、長さ、傾きなど色々試してご自身の中で
経験値を積んで行かれる事が良いと思います。季節でも変わります。
ポヨメタいつも思うんですが、「セッティングは聞くものではなく創るものだと」言いたいです。
ポヨメタの若いときの苦い経験が元の考えですが・・・

続く。(次はタイヤ関係だと思うんですが、何であのタイヤを採用した経緯が思い出せないw)
posted by ぽよぽよめたぼ at 00:40| 兵庫 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。